jozai ji gifu

10 media by topicpage 1 of 1
Saito-Dozan-2 - A painting of a man in a suit and tie

Saito-Dozan-2 - A painting of a man in a suit and tie

日本語: 斎藤道三像(一部)

Saitō Yoshitatsu. 16th century Japan. Public domain image.

Saitō Yoshitatsu. 16th century Japan. Public domain image.

Public domain photograph Japanese art, free to use, no copyright restrictions image - Picryl description

Jurinzan Jōzai-ji Temple 20220307 01

Jurinzan Jōzai-ji Temple 20220307 01

日本語: 岐阜市梶川町にある鷲林山常在寺。寺号標と門柱。

Saitō Dōsan

Saitō Dōsan

Public domain photograph Japanese art, free to use, no copyright restrictions image - Picryl description

Saito Dosan1

Saito Dosan1

日本語: 斎藤道三 下克上によって戦国大名に成り上がったとされる斎藤道三。 名もない境遇から僧侶、油商人を経てついに戦国大名にまで成り上がった人物だとされる。 生年については永正元年(1504年)とする説があり、生誕地についても諸説ある。 『美濃国諸旧記』によると先祖代々北面武士を務め、父は松波左近将監基宗といい、事情によって牢人となり西岡に住んでいたという。 道三は幼名を峰丸といい、11歳の春に京都妙覚寺で得度を受... More

Saito Dosan - A painting of a man sitting on a rock

Saito Dosan - A painting of a man sitting on a rock

日本語: 斎藤道三 さいとうどうさん (?―1556) 戦国大名。初め長井規秀(のりひで)、のち斎藤利政(としまさ)、晩年入道して道三と号す。北条早雲(そううん)などとともに戦国の梟雄(きょうゆう)といわれ、典型的な下剋上(げこくじょう)の体現者とされる。俗説によれば、山城(やましろ)(京都府)西ヶ岡の松波基宗(まつなみもとむね)の子で、日蓮(にちれん)宗京都妙覚(みょうかく)寺の学僧であったが、還俗(げんぞく)して... More

Saito Dosan3 - Egypt

Saito Dosan3 - Egypt

日本語: 斎藤道三の菩提寺・常在寺 斎藤家の菩提寺・常在寺。 斎藤道三とその父・長井新左衛門尉が二代にわたり美濃国を制する拠点とした寺である。 斎藤道三画像(複製)

Saito Dosan2

Saito Dosan2

日本語: 【戦国武将に学ぶ】斎藤道三~「油売りから一代で国盗り」の真相とは~ 岐阜城内に展示されている斎藤道三の肖像画(模写、部分) 斎藤道三(どうさん)は謎の多い武将です。以前は、京都・妙覚寺の修行僧が、修行が嫌で寺を飛び出して油売りになり、ついに美濃(現在の岐阜県南部)の戦国大名になったということで、「道三の三変化(さんへんげ)」などといわれてきました。  ところが、新しい史料が見つかり、修行僧だったのは道三の... More

Saito-Yoshitatsu - A painting of a man sitting on a rug

Saito-Yoshitatsu - A painting of a man sitting on a rug

日本語: 斎藤道三の菩提寺・常在寺 斎藤家の菩提寺・常在寺。 斎藤道三とその父・長井新左衛門尉が二代にわたり美濃国を制する拠点とした寺である。 斎藤義龍画像(複製)

Saito Yoshitatsu - A painting of a man sitting on a chair

Saito Yoshitatsu - A painting of a man sitting on a chair

日本語: 斎藤義龍(高政)は本当に無能?斎藤道三が勘違いしていた長男の真の実力とは? 斎藤義龍は斎藤道三の跡を継いで美濃の国主になります。 しかし、父親の道三と対立して最終的には長良川の戦いで道三を攻め滅ぼしています。 道三は義龍のことを「無能」と称していたようですが、義龍(高政)は本当に無能だったのでしょうか? そして、道三の嫡男なら待ってれば大名になれたのに、なぜわざわざ道三と対立したのでしょうか? そこには義龍... More